ラジエンスウエアについて

トップぺージラジエンスウエアについて

医療機関IT化の現状

医療機関IT化の現状病院・クリニック等、医療機関では、今、急速にIT化が進められています。たとえば、電子カルテ。従来、カルテは紙に記入されていましたが、電子カルテを導入することで、事務スタッフの仕事が軽減され、医療過誤を減らすことにもつながり、何よりも患者様の待ち時間短縮が短縮されるなど、多くのメリットがあります。
便利な反面、導入にあたっては、様々なハードルもあります。現在、医療機関ではレセプト(診療報酬明細書)コンピュータや画像ファイリングシステムの導入などは積極的に進められているものの、IT化全体に関しては、まだ十分に普及していないという段階です。私たちIT企業の役割は、むしろこれから本格化するといっても過言ではありません。

ラジエンスウエアのソリューション

ソリューションラジエンスウエアは、日本医師会が推進している医療IT化プロジェクト(ORCA)認定サポート事業所であり、機器の接続に関しては、トップクラスの実績を有しています。大学病院、総合病院からクリニックまで、様々な医療機関のIT化を推進しています。埼玉県内をはじめ関東一円、さらに全国へと納入先が広がり、診療支援システム「Liton」、医療クラウドサービス「Ray-ORCA」、レセプトチェックの「レセ楽ネット」など、独自システムの開発にも力を注いでいます。

大学との共同研究、AIロボットの開発

大学との共同研究医療機関は機微なデータを取り扱うため、IT化を推進するにあたり、不可欠となってくるのがセキュリティ技術です。ラジエンスウエアは、早稲田大学と共同研究で、最新のセキュリティ技術を開発し、リモートサポートやクラウド環境を安心してご利用いただけるよう環境整備を行っています。
技術開発においては、大学、病院との共同研究で、世界初の「医療支援AIロボット」の開発にも着手しています。人手不足が深刻化する医療機関に、ロボットの手助けが必要とされる時代がやってきています。ラジエンスウエアはAIの分野でもパイオニア的な存在でありたいと思っています。

社員が輝く会社

社員が輝く会社ラジエンスウエアの企業理念は「ITアナログ集団」(私たちは、最新の情報技術と人間の優れた能力の調和を図り、医療現場に安心とぬくもりの充実を提供するITアナログ集団を目指します)。医療の分野に先進のデジタル技術を導入する際、忘れてはならないのが人間としての「温かい心」です。いかに技術が高度化しても、人間が基本はアナログ的な存在であることを忘れることなく、安心と温もりを提供していく会社でありたいと考えます。
「ラジエンス(RADIANCE)」はラテン語で「光り輝く」の意味。社員一人ひとりの個性・自主性を尊重し、社員が輝く会社づくりを進めています。
ラジエンスウエアで働く社員は、IT・AI技術を通して、医療機関の発展に貢献したいという共通の思い、使命感を持っています。医療分野で活躍したい、医師や看護師をサポートする仕事がしたいという方々、ぜひ、ご応募ください。

このページの先頭へ戻る